出品茶の手摘み (その3)

 
 ネットが160センチくらいの高さにあるので、ずっと中腰にしていると
 とても疲れます。かなりの重労働です。
 
 でも、だいぶたまってきました。
 
 ようやくお昼休みになりました。「ちかれたび〜」。
 各自に宇治茶ペットボトルと軽食が配られます。
 
 僕たちも休憩です!
 
 京都府茶協同組合の製作で、京都産100%のペットボトルです! 茶農家おすすめの逸品 !
 
 茶畑の横では、木野さんちの飼い猫「あび」が気持ちよさそうに寝ています。「猫じゃらし」でいたずらしても起きません。
 
 あび「だって誰も遊んでくれないんだもん....ぶみぶみ」。

 別の茶畑では雑誌や新聞用の写真撮影が行われています。
 
 確かに、こういう開放的でのどかな感じが一般的なイメージですよね(笑)。
 
 ということで、僕たちも「のどかバージョン」で撮ってみました。
 
 そうこうしているうちに、午後の部が始まりました。そろそろ腰が痛くなってきました。
 
 座ると少しだけ楽です。
 
 隣のおばあちゃんは元気いっぱいです ! もくもくと摘んでいます。時々ストレッチ体操をされてましたが...(笑)。
 
 ちなみに、南山城村の高齢者比率(人口に占める65才以上の割合)は29.8%で、かなり高いです。40%を超える集落もあります(2005年の国勢調査)。
 「50%を超えると限界集落だ」と言われますが、でも、この村のおばあちゃんはまちがいなく元気です !

 
 バッタをみつけました。
 
 さすがにみんな無口になってきました。
 
 木野さんの「ぼちぼち上がってくださぁい」の声が聞こえました(ニコリ)
 
 今日一日の収穫量です。
 
 つみこA「あ〜 いい新茶がとれた〜 あんた ずいぶんきばっとったね〜」
 つみこB「夕ごはん 何にしよ〜」
 つみこC「連休はお孫さん来るん?」・・・・
 
 

 
 皆さん 家路につきます。茶畑の夕焼けはとてもきれいです!
 
 軽トラの荷台で記念撮影です !

 ・・・・「新茶の茶摘み (その4)」に続きます。