二番茶のお茶刈り (その6)

 7月19日(日)、三連休の二日目、世間はお休みですが、茶農家は休みません! ということで、ゼミ生2人で茶畑に行ってきました。
 この日は、今までの中では一番涼しくて、気持ちよく作業ができました。

 茶摘み犬「はる」と飼い猫「あび」が何かおしゃべりをしていました。
 はる「いつまでたっても梅雨があけないね〜。異常気象のせいかもしれないね。だんだん八十八夜に茶摘みができなるような気もしてる....」 
 あび「そんな深く考えんと、なるようにしかならんがな。楽しくいこうや」。

 南山城村の茶畑は、眺めがよいのが自慢です!

幹事長とゴリです。「先週も来ました !」。


 東京からわざわざ木野さんのところにお茶づくりを学びにいらっしゃているうえはらさんです。ゴールデンウィークの時にも松田さんの畑でご一緒しました。九州男児で、とても気さくな方です。


 汗が目にしみ込みます。あと、虫も。

「あび」とお昼ごはんを食べました。
 あび「くれるの?」

 幹事長「あげない」
 あび 「じゃぁ、すねるからいいもんっ(ゴロリ)」

 作業のあとの冷茶は、ビールよりウマイです!

 午後の作業が始まりました。



 木野さんの茶畑の周辺は、東海自然歩道のルートになっています。
 ぜひ皆さんも、一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。
 写真の案内板は、JR関西本線「月ヶ瀬口」駅の近くに立っているものです。