読売新聞の記事について

 本日10月20日(火)付の読売新聞・地域面・京都版、31ページおよびYOMIURI ONLINEに、龍谷大学オリジナル宇治茶「雫」に関する記事が掲載されています。
 http://osaka.yomiuri.co.jp/university/topics/20091020-OYO8T00577.htm?from=iphoto
 見出しに「龍大生手摘み 南山城茶」とありますが、下記の通り、これは事実に反しています。

 ・私たちの龍谷大学オリジナル宇治茶 雫は「手摘み」ではありません。
 ・また、「南山城茶」という呼称も、私たちはこれまで使用したことはありませんし、今後も使用するつもりはありません。
 さらに、写真の解説の「茶娘の格好で煎茶『雫』をアピールする龍谷大生たち」という文言も正確ではありません。「煎茶」ではなく、正しくは「抹茶入り煎茶」です。

 このプログをご覧いただいている皆様方におかれましては、お間違えのないよう、お願い申し上げます。

 今朝、私たちは、読売新聞社・京都総局に、「正確かつ慎重に取材をされた上で記事を作成していただきたい」旨の申し入れをおこないました。