京都府の観光課を訪問

 11月6日(金)、3回生・販売班の3人で、京都府の観光課の保田さんにお会いし、南山城村や「雫」のPR方法についてアドバイスをいただいてきました。


 府庁の旧本館の建物は、ルネサンス様式で重要文化財です! 
 観光課は、旧本館の後ろの建物の3階にあります。「商工労働観光部」という、とてつもなく包括的な組織の中の一部署です。

 以下のようなことを中心にアドバイスをいただきました。
 (1) 東京での京都府主催イベント等でのチラシ配布、ふるさと情報プラザ(有楽町)でのチラシ常設のためには
 (2) 京都駅の「京都市観光案内所」にチラシを置くためには
 (3) 日本ホテル協会京都支部・旅館協会の事務局と交渉するには
 (4) 観光課発行のメールマガジンへ掲載するには。

 チラシの枚数が圧倒的に足りないことがはっきりしました(笑)。至急、対処したいと思います。

 また、府の観光課からのお願いとして、「京都南部を活性化しようと学生さんが頑張ってくださるのはとてもありがたいが、府としては北部の活性化もしてほしい」
とのことでした。
 そういえば丹後や舞鶴もお茶どころ。京都府の南北連合で、お茶関連のタイアップ企画ができないか一度考えてみます!

 たくさんのご助言ありがとうございました!


京都御所が11月1日から10日まで特別公開中でしたので、帰りに観光してきました! 
 街路樹も紅葉し始め、とても綺麗でした。秋ですね。