京都の草食系男子が選ぶ「お茶スイーツ」 (その4)

 抹茶に囚われてしまったケースケ君の報告です。
「月並みだなあ」と言われそうですが、「うまいものはうまい !」のです(笑)。
高島屋大阪店】

ケーニヒス クローネ

(1) 抹茶あずきのパイケーキ 840円(税込)


 外から見るとパイですが、中は抹茶スポンジ、あずき、もちが入っています。抹茶スポンジは甘さ控えめですが、その分パイが甘いので、バランスがよい。食感が楽しい。


(2) フルーツと抹茶のムース 340円(税別)

 カップの中は、上からフルーツ、抹茶ゼリー、抹茶ムース、あずき入りスポンジの4層構造。抹茶のゼリーやムースは甘さ控えめ。フルーツがのっかることで爽やかな感じを出しています。フルーツはブドウ、イチゴ、グレープフルーツ。


続いて、パティスリーMIYAMOTO
(3)シフォン(抹茶) 280円(税抜) 

ふわふわのスポンジに濃厚な抹茶クリームが乗ったシフォンケーキ。スポンジの中にナッツが入っていて、これが抹茶クリームとよく合います。


「僕たちも抹茶に心を奪われてしまいました〜!」と戻ってきたのは、さすらいのダイバーたくや君とゲン君です。

GRAMERCY NEWYORK 京都高島屋
抹茶チーズケーキ 1050円


【番外編】
福寿園

宇治茶チョコレート 煎茶クリーム 5個入 1890円(税込)

 「煎茶を使ったスイーツ...」「煎茶を使ったスイーツ...」と探し歩いているうちに、「ん? おっ? 煎茶クリーム?....」と目にとまり、衝動買いしてしまいました。予算もオーバー。過剰包装。機械加工ラインも必要。あ〜みんなに怒られる〜

 煎茶チョコレートの中に煎茶クリームが入っていて、煎茶の渋みとチョコの甘さのバランスを意図しています。チョコの表面にはお茶の花がデザインされています。
 おそるおそる試食会会場に持っていったのですが、男子全員「たしかにうまいっ!」「逆チョコしたくなる !」と納得してくれました(ほっ)。


 そこへ「俺にも言わせろ!」と、伊達先生もやってきました。「草食系男子」.....?
パティシエ山川 (宇治)
煎茶ロールケーキ 1本 980円(税込)

 地元の人も「うまい!」と評判のパティシエ山川さんです。JR宇治駅からすぐの、中村藤吉本店の手前にあります。中村籐吉の「ほうじ茶シフォンケーキ」とどっちにしようか迷ったのですが、今回は山川さんのほうで。
 オーナーシェフの山川さんは、アンテノール・初代シェフ→ホテル日航大阪・初代製菓シェフ→ホテルグランヴィア京都・製菓料理長→京都・北山マールブランシュ・統括製造部長を歴任され、スゴイ経歴の持ち主です。2004年に宇治に「パティシエ山川」を開店されました。カフェもあります。
 和束町で有機栽培された茶葉を使った「抹茶フリアン」なども手作りで製作されておられます。興味津々です。


 GLAMOURDISE (神戸・岡本)
抹茶のマカロン 1個 280円 (税別)

 パティシエのマーク・グレイス氏は、東京・赤坂の「ピエール・エルメ」でシェフパティシェを務めた後、2007年、神戸・岡本で独立開業。高級感あふれる店構えで、とても綺麗なマカロンを製作・販売されています。