京都府庁 旧本館「春の一般公開」

 今日は、午後から京都府庁の旧本館にあるNPOパートナーシップセンターへ行ってきました。
 旧本館では、4月4日(日)まで「春の一般公開 (観桜会)」が開催されています。イベント概要は、こちら(京都府HP)をご参照ください。

旧本館は、明治37年(1904)の竣工です。国の重要文化財に指定されています。

 催し物も盛りだくさんです!

 旧本館・中庭の桜です。
 円山公園の「祇園枝垂れ桜」の種から育てたものだそうです。


 しだれ桜はもう見頃です!

 彫刻も展示されています。黒川徹氏の「いのちのものがたり」です。

 「いのちのものがたり。ものがたりのはじまり。はじまりのかたち。ありふれた現実の日常にその気配を感じることができたなら、もう一つの世界はあなたのすぐそばにあります。」が作者のメッセージです。

 自分なりに「いのちのものがたり」を感じるために、オリンパス・ペンのモードを初めて変えて撮ってみました。どうでしょう?


 NPOパートナーシップセンターさんと南山城村茶ECOプロジェクトさんのはからいで、「春の一般公開」期間中、旧本館 2階に「雫」の活動紹介のポスター展示をさせていただくことになりました!! 
 重要文化財の中に展示できて光栄です!!ありがとうございます!!