桜舞い散る京都で 「雫」をふるまいました ! 

 4月4日(日)、京都府庁 旧本館と高瀬川で、南山城村産100% 龍大オリジナル宇治茶「雫」のふるまい・販売や村のPRをしてきました !
 南山城村茶ECOプロジェクトさんとのタイアップ事業です。

 用意した「雫」50缶 あっという間に完売しました!
 ご購入ありがとうございました!
 「京都×桜×宇治茶」が最強の組み合わせだということを、あらためて実感しました!
 100缶用意すればよかった.....。
 
京都府庁 旧本館にて】

 旧本館の桜です。ぬけるような青空で、ツアー客も含め、たくさんの方が訪れてました。絶好のお花見日和です!

 振る舞いの会場は、1階のNPOパートナーシップセンターです。
 入り口に、「宇治茶の郷」のノボリと「雫」ポスターを貼らせてもらいました。

 もちろん「南山城村」もPRします。

 いすに座って飲んでいただき、ゆったりくつろいでいただきます。
 「あ〜美味しかった。ありがと〜」と言われると、やはりうれしいです。

 「南山城村マップ」や「茶畑コンサート(5月16日開催)」チラシも配布したのですが、大勢の方が村に興味をもっていただいたようです。

 大忙しのバックヤードでしたが、美好園さんがいらしてくれたので、安心です。
 南山城村ファンの中西さんにも、大変お世話になりました。ありがとうございました !
 一番難しかったのは、「いかに多くの人に、手際よく、三煎目まで試飲していただけるか」でした。「ポットを温度別にしたり、急須もたくさん用意してみたら?」とか「テーブルを一煎目グループ、二煎目グループなどに分けてみたら」とか「湯呑みの色を変えてみたら?」などの改善策を思いつきました。今度、試してみます。

 NPOパートナーシップセンターの職員さんに記念写真を撮っていただきました。
 ぜひ来年も宇治茶の振る舞いをさせてくださ〜い!



高瀬川 桜まつりにて】
高瀬川桜まつり」にも2人派遣し、茶ECOプロジェクトさんと一緒に「雫」のふるまいをさせていただきました。

 会場は、立誠小学校のグラウンドです。

 高瀬川沿いは桜が満開です。

 「高瀬川 お茶の間化計画」が実現 !

川の中で、南山城村産の抹茶入り煎茶「雫」、煎茶、ほうじ茶を振る舞いました。

 木屋町通りで「雫」のチラシを配ります。

 桜舞い散る道の上で〜♪
 ものすごい人通りでした !
 茶摘み娘の衣装の効果は絶大です! 外国人観光客に、記念写真をたくさん撮られました。
 そろそろ、ゼミ用に一着つくってもいいかもしれません。現代風にアレンジしてみるのも面白そうですね。
 そういえば、"ノギャル"で有名な藤田志穂さんは、Edwinとタイアップして、「イケてる作業着」を開発していたなぁ。藤田さんから学せていただくことはたくさんありますね〜。


円山公園でお花見】

 振る舞いの終了後、午後5時から円山公園にお花見にくりだしました。
 ゼミ生2人が午前11時〜午後5時までえんえんと場所とりをしてくれてました。ご苦労様でした!
 美好園さんも飛び入り参加していただきました!



【経済学部 新入生オリエンテーションにて】
 翌5日は、雄琴温泉の琵琶湖グランドホテルで、経済学部オリエンテーション・スタッフとして新入生500人に向けて、ゼミの活動紹介をしました。
 昨日は茶摘み娘、今日は学生スタッフ。大忙しです。

 500人を収容できる大広間です。
 

 「うちのゼミは、宇治茶をつくってます。昨日も木屋町で試飲即売会をしてきました」
 500人の前でプレゼンするのは、もちろん初めての経験です。
 めちゃめちゃ緊張して、カミカミでした(笑)。


 「龍大って お坊さんの大学だと思われていますが、実はこんな元気な大学なんです」