全国地紅茶サミット2010が静岡市で開催されます

 南山城村は、5月4日以降、村人総出で、ゴールデンウイークとその後の土・日も返上で、出品茶の茶摘みをします。
 私達も、今、アルバイト・シフト表と授業の時間割表とをにらめっこしながら、「茶摘みシフト表」を組んでいる最中です。天候不順のせいで、毎日変わっていくのが悩ましいところです。

 来週からは、いよいよ怒涛の新茶シーズンに突入します。私たちの「雫 2010年産」の製作も本格化、5月後半からは奈良・月ヶ瀬での「紅茶づくり合宿」が始まります。ですので、今のうちに、いろいろと書き込んでおきます。


 6月5日(土)・6日(日)に「第9回 全国地紅茶サミット2010 in 静岡市」が開催されます。全国の国産紅茶の生産者、紅茶ファンが静岡に集結します。
 内容は、シンポジウム、丸子での紅茶づくり体験です。
 
 6月は「雫 2010年産」の発売開始(あくまで予定です!!)の頃で、まさに「てんやわんや」の時期ですが、せっかくの貴重な学習機会なので、ゼミからも数人、参加させていただくことを検討中です!
 「こだわりの紅茶づくり」に取り組んでおられる全国の方々とお話させていただいて、奈良・月ヶ瀬での「紅茶づくり合宿」の成果を確認するよい機会でもあります。

 詳細はこちらです(O-CHA NETのホームページ)。