紅茶づくり研修合宿 in 月ヶ瀬健康茶園 (速報)

 現在、ゼミでは、国産紅茶の研究・開発を進めており、その一環として、5月27日(木)〜29日(土)の2泊3日で、奈良県月ヶ瀬健康茶園において「紅茶づくり研修合宿」の真っ最中です。
 今回、月ヶ瀬健康茶園の岩田さんのご厚意で、お宅で自炊させてもらいながら、泊まりがけで早朝から夜まで、紅茶づくりの基本を集中的に学びます。
 紅茶づくりの全プロセスを体得する(はずの)「和紅茶班」5名と、手摘み担当数名で研修しております。「手摘みにすると、どの程度、品質が向上するか」を検証するのも目的の一つです。

 私たちとしては、紅茶づくりのノウハウを身につけ、雫とセットで「龍谷紅茶」(仮称)を製造・販売したいと企画しております。

 さきほど、合宿中の幹事長から、写メが送られてきましたので、お届けします。

 詳細は、合宿終了後、ゆっくりアップしていきますので、お楽しみに。



 ゼミ生たちが6〜7時間かけて摘んだ葉を萎凋しているチホミ幹事長です。
 「今日の夕飯のメニューはチャーハンで〜す。」
 どうやら、「自炊」ではなく、「岩田家の夕飯の支度を手伝って、それを頂いている」というのが実情のようです。岩田さん、何から何まで、ありがとうございます!


 葉温をはかるための業務用 温度計です。
 よさこい鳴子がわりにして、たわむれているマリナさんです。
 あ〜それ高いんだから壊さないでね。
 ちゃんとグラフに書けるように、計測 & 記録してきてくださいね。