京都市営地下鉄 駅ナカスイーツ「抹茶ばなな」の記者会見

 南山城村産「雫」の抹茶を使用した京都市営地下鉄駅ナカスイーツ 抹茶ばなな 麿のお気に入り」、明日から新発売です !
 本日12日、京都市交通局さんと共同記者レクチャーをしてきました。


(写真提供: 京都市交通局)


以下、京都市交通局作成のリリース資料です。

「抹茶ばなな・麿のお気にいり」の発売開始について
龍谷大学オリジナル宇治茶「雫」の抹茶を生地に練りこんだ「ほんまもん」のおいしさです!!〜

 この度、京都市交通局では、駅ナカオリジナルスイーツ第2弾として、「抹茶ばなな・麿のお気にいり」を新たに発売しますので、お知らせします。
 「抹茶ばなな・麿のお気にいり」は、「柚子ちーず」の姉妹品として、本年5月29日の「地下鉄の日」記念イベントで実施した「駅ナカオリジナル新作スイーツ試食会」において、市民の皆様方の人気投票で第一位に選ばれた商品です。
 第一位に選ばれて以降、菓子の製造元である京絵巻総本舗と使用素材について研究・協議を重ね、抹茶については、龍谷大学の協力を得て、同大学の学生が南山城村の茶農家と協働で企画・製作した「龍谷大学オリジナル宇治茶」を使用することとし、産学公の連携事業として発売することとなりました。
 商品に使用する抹茶については、龍谷大学の学生が、京都府唯一の村であり、高齢化と過疎化が進む南山城村の活性化のために、村の茶農家と協働で企画・製作した「ほんまもん」の抹茶を採用しました。
 本来は、おいしく飲むため、覆下栽培で育てた一番茶を石臼で挽いた抹茶ですが、その抹茶を生地に練りこむことで、風味豊かな、あざやかな色あいの商品になりました。
 地下鉄をご利用の際には、「抹茶ばなな・麿のお気にいり」を是非ご賞味ください。

・新商品名   「抹茶ばなな・麿のお気にいり」

・販売価格   1個 150円(税込)1箱 900円(税込)

・発売開始日  7月13日(火)午後1時より販売開始
         
 ※13日の午後1時〜2時には、京都駅の販売ブースにおいて、龍谷大学の学生が交通局の職員と一緒に販売を行います。門川市長も激励にきます !

・発売場所   京都駅、四条駅、山科駅のオリジナルスイーツ販売ブース
        ※7/13〜19は、京都市役所前臨時販売ブースでも販売します。

・製造販売   京絵巻総本舗(京都菓子工業株式会社) 


(参考)オリジナルスイーツ第1弾「水尾の柚子ちーず 麿のお気に入り」の販売状況
・ 発売日  平成21年11月20日
・ 販売価格 1個 150円(税込) 1箱 900円(税込)
・ 販売実績 約60万個(平成22年6月末現在)

 パッケージのデザインは、京都嵯峨芸術大学4回生(当時)の角映理子さんの作品です。

                                          • -



 明日、京都駅でのキャンペーンに、門川市長もお越しになるので、期待の大型新人「ロンくん」も一緒に連れていきます。
 ツノはバナナ、頭と胴体は抹茶色......まさに「抹茶ばなな」にピッタリですね(笑)。

 明日、特製の「うちわ」を無料配布いたします! 数に限りがありますのでお早めに !

 「うちわ」の裏面です。龍大と交通局とで折半して製作しています(笑)。

 「なんだ、またスイーツか」と言われそうですが(笑)、茶業と菓子業との連携は、今も昔も、京都の「農工商連携」の王道だと思っています。

【後日談】
 毎日新聞に掲載されました。こちらです。
 KBSニュースに掲載されました。こちらです。
 京都市の「きょうと市民しんぶん」に掲載されました。こちらです。