月ヶ瀬健康茶園で紅茶づくり研修合宿 (1日目)

 5日は、朝食後、モクモクファームを朝8時10分に出て、マイクロバスで伊賀上野駅まで送っていただき、そこからはタクシー5台に分乗して、月ヶ瀬健康茶園に向かいました。

 到着後、まずは、岩田さんと全体ミーティングです。
 その後、軽トラで茶畑に移動し、9時30分からお昼まで、休憩をはさみながら、炎天下の中、緑茶品種ヤブキタを手摘みしました。

【午前中】


 岩田さん「皆さんは、今後、緑茶品種での紅茶づくりを計画されているようですので、今回の合宿では、ヤブキタで研修します。午前中は、そのための原料摘み取りに専念します。」
 この後、畑に移動します。


 岩田さん「この畑には、乗用型摘採機で刈って、しばらくして出てきた葉が育っています。目標は20キロです ! くれぐれも熱中症に気をつけてください。」


 みんな「に、にじゅっキロ....(泣)」
 と驚いたのですが、生葉はしおらせて乾燥させると収縮してしまうし、揉捻機にかけるためには、ある程度まとまった量が必要ですので、納得です。

 いよいよザルをもって手摘みスタートです。


 ipodをイヤホンで聴きながら摘む人、皆で大声で好きな歌を歌いながら摘む人、ふだんは話せなかったことを話題にしながら摘む人、無言で摘む人....。
 それぞれがそれぞれのスタイルで、集中力を切らさないように茶摘みしてました。


 「一芯二葉」でトビキリ丁寧に摘んでいきます。


 近くで見るとこんな感じです。
 大きすぎる葉は摘みません。


 「最高の紅茶づくり」のために、摘む葉の大きさも、できるかぎりそろえるようにします。

 フランスの学生さんが3名、岩田さんのお宅に農業研修にいらしていました。

 第1回目の休憩です。
 岩田さんからいただいたペットボトル氷水で、体温を下げます。
 水分も十分に補給します。

 再開です。

 そろそろ、汗が大量にふきだしてきます。

 伊達ゼミ21名+アルファの人数で、正味2時間かけて摘採できたのは、これだけです。

 約7キロありました。
 目標の20キロには到達しませんでしたが、これでひとまず、昼休憩のため、岩田家に戻ることにしました。
 昼食は、各自、パンやカロリーメイトなどを事前に用意してきたのですが、岩田さんのお母様が、
 「それじゃあんまり、かわいそう。力もでんよ〜」と
 さっとオニギリを握ってくださいました ! 
 とっても美味しかったです!
 ありがとうございました !
 紅茶班は、手摘みしたヤブキタの生葉を工場に搬送し、萎凋作業をしました。


【午後】

 午後3時まで昼寝休憩をした後、軽トラで「べにふうき」の茶畑に移動。そこで「夏摘み」をしました。
 チホミ幹事長とマリナさんは、夕飯の買出しにいきました。

 高台で、かなり見晴らしのよい畑です。

 上の写真の右側が「べにふうき」の畑です。

 かなりの急傾斜でずるずるすべり、垂直移動はとても大変です。
 この茶樹は、定植後、4年経ったそうです。
 まだ丈が低いものもあります。





 1回目の休憩です。


 風がとても気持ちいいです !

 クワガタ捕りに行っていたチビッコ軍団の急襲を受けました(笑)。

 さすが茶農家の子供。ちゃんと、籠をもって「生葉あつめ」を手伝ってくれています !


 「ぬんかん」という柔らかい竹で編んだ皿のような籠です。台湾製だそうです。

 この後、夕方5時まで作業をして、岩田家にもどりました。

 そして、紅茶班だけ残して、解散しました。
 
 紅茶班は、この日は岩田家で泊まらせていただき、翌6日、今日摘んだ茶葉で製茶作業をします。
 その模様は、しばらくしたらアップいたします。少々お待ちください !


 帰りは、岩田さんファミリー総出で、関西本線の月ヶ瀬口駅まで、ピストン輸送をしていただきました !
 上の写真は、草津線組です。暑さと疲労とで、ぐったりとうなだれています(笑)。


 岩田家の皆さん、小川さん、何から何まで親切にしていただき、ありがとうございました !

 出来上がりがとても楽しみです !

 今度また、試飲に伺いますので、その時はよろしくお願いします !