秋肥の作業に行ってきました ! (3)

 大学も始まり、ゼミやら就活セミナーやらバイトやら秋肥やらで、かなり慌ただしくなってきました。

 3回生は、「和紅茶計画」を今後どのようにして続けていくのかについて、真剣に話し合っています。
 また、10月27日(水)に京都全日空ホテルで開催される「異業種京都まつり(第14回)」のテーブル交流会に出展して、ポスターによる「雫」&「光」、「(雫を用いた)緑茶シフォンケーキ & 抹茶ばなな」の趣旨説明や、「雫」のふるまいをすることを決めました。
 いちおう、上の活動はすべて、茶農家、NPO、市営地下鉄、ホテルなどとの「異業種」交流の成果ですんで、開催趣旨には合致していると考えています。
 伊達ゼミとしては、2回目の参加になります。前回同様、龍谷大学エクステンションセンターのブースを間借りします。
 たくさんの人に、南山城村での私たちの活動をPRしてこようと思います。
 10時15分〜16時30分まで学生がブースにおりますので、ぜひお立ち寄りください!
 一橋大学関満博先生の基調講演『日本のモノづくりの行方』も魅力的です。
  もう間もなく「就活」が本格的に始まるので、ここで名刺交換や自己PRの練習もしたいと思います(まだ3回生なのになぁ〜)。



 2回生ゼミも立ち上がりました。何を重点に研究・活動を進めていくかは、これから皆でゆっくり話あっていく予定です。



 さて、10月2日(土)、今日も朝から、南山城村の茶畑に秋肥の作業に行ってきました !
 参加者は、ドンとおスギでした。

 午前中は、19日に配合・小分けをした肥料の袋を茶畑に持っていく作業と、肥料の配合・小分けをしました。
 肥料を扱う作業は3回目ですが、肥料のにおいが強烈で、すごくつらかったです。
 また、肥料の配分・小分けをしていると、たくさんの虫が肥料に集まってきます。虫は目の前で飛び回るので、とてもうっとうしかったです。
 けど、この作業は、来年のおいしいお茶の欠かせない工程なので、気合いを入れて作業しました。
 また、肥料の配合は配分比率さえ分かれば、あとは混ぜて袋に詰める作業なので、やりやすかったです。
 午後は、午前中の肥料の配合・小分けの続きをしました。
 夏みたいにすごく暑いということもなく、風もあり、作業しやすかったです。

 作業が全部終わってから、手や顔を洗っても洗っても、肥料のにおいが強烈すぎて中々とれませんでした。
 帰りに、おもちを2個ずついただきました。
 とてもおいしかったです!