本願寺門前町の活性化のために

 美好園さんから、カレンダーとガイドマップをいただきました!

 「植柳まちづくりプロジェクトチーム」の皆さんが、今年の「親鸞聖人750回大遠忌法要」(4月9日〜翌年1月16日)にちなんで、本願寺門前町の活性化のために作成したものです。



 カレンダーです。
 4月は、50年前の「親鸞聖人700回大遠忌法要」の様子です。
 太鼓楼より北側を望む写真です(本願寺提供)。
 堀川通は、通行止めにされ臨時駐車場に。参拝者のバスでうめつくされています!
 50年前といえば1961年(昭和36年)。「所得倍増」が時代のキーワードでしたね。

 5・6月は、やはり50年前の「親鸞聖人700回大遠忌法要」の様子で、御影堂門から撮影したものです(本願寺提供)。
 堀川通りは門徒衆でいっぱいですね〜。
 左下の写真は現在のもので、まもなくオープンする龍谷ミュージアムが写っています。


 9月・10月は、正面通りから伝道院を望む写真です。
 やはり700回大遠忌法要の時のものです(本願寺提供)。かなりの賑わいです。
 伝道院の交差点を左に入ると、今も昔も変わらず、美好園さんがあります。


 本願寺伝道院(京都市指定文化財
 真宗信徒生命保険株式会社の社屋として,明治45年に東京帝国大学教授・伊東忠太の設計により建築。

 「親鸞聖人750回大遠忌法要」まであと54日。
 参拝の後は、ぜひ美好園さんの「甘党喫茶」でおくつろぎ下さい。龍谷大学オリジナル宇治茶「雫」(抹茶入り煎茶)もよろしくお願いいたします !




 こちらは、特典付きのガイドマップです。
 門前町の一帯は、旧・市立植柳小学校(現・市立下京渉成小学校)の学区=植柳学区ですので、「植柳マップ」と名付けられています。
 学区内には、世界遺産西本願寺、本山興正寺、茶道藪内流家元などがあり、歴史ある地域です。


 マップを開いてみます。




 「六条御境内絵図」(西本願寺所蔵)と現代の地図とが比較対照できるスグレものです!


 植柳まちづくりプロジェクトチームの活動内容です。
 もちろん美好園さんも、チームのメンバーです。


 「おりんちゃん」です。

 カレンダーやマップを入手希望の方は、美好園さんまでご連絡ください。
 大好評につき残部僅少です!





 龍谷ミュージアムは、4月5日、西本願寺前にオープンします!
混迷の時代。仏教が果たすべき役割はもっとたくさんあるはず。多くの人とオープンに議論できる場になってほしいな、と思います。