西本願寺の門前町で福島物産展のお手伝い !

 6月9日から16日、親鸞聖人750回大遠忌法要の記念行事として、西本願寺門前町で「ご縁まちフェスタ」が開催されました。
 
 2回生ゼミの「京都北部・兵庫北部班」のメンバーは、ローテーションを組んで、NPO法人JIPPOさんが主催する「東日本大震災復興支援 福島物産展」のお手伝いをさせていただきました。
 福島第一原発の事故によって、福島県では、農産物だけでなく、観光客数も落ち込み、観光業は大きな打撃を受けています。JIPPOは京都で東北の産品を販売することで、「遠い地から みんなで継続して応援する!」というメッセージを被災地へ発信しています。
 主な販売品は、福島県観光物産交流協会を通じて仕入れた観光土産品。
 喜多方ラーメン川俣町の地鶏を使ったレトルトのカレーいわき市の漬物、せんべいやクッキー、手づくり飴などです。


 法要期間中の西本願寺は、参拝客でいっぱいです。

 「ご縁まちマルシェ」の会場は、元の植柳小学校です。
 法要期間中は、このマルシェの中で「福島物産展」が開催されます。


 マルシェには、美好園さんのブースもあります。
 もちろん、わが龍大オリジナル宇治茶「雫」、「抹茶ばなな」(750回大遠忌スペシャルバージョン)も販売されておりますので、ご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


 ご縁まちフェスタのマスコットキャラクター「おりんちゃん」です。