岩手県立高田高校卓球部を訪問 !

 7月23日(土)、24日(日)に、龍谷大学卓球部の一員として、岩手県立高田高校卓球部を訪問してきました。

【23日】

 復興のシンボル・高田松原の一本松です


 陸前高田市の国道45号に架かり、大津波で流された気仙大橋に代わる仮設の橋です。7月10日に開通しました。


 ガレキは仮置き場に集められて、分別されます。


 まず被災した高田高校を訪れ、亡くなられた方々・行方不明の方々のために合掌。

 右側の建物は体育館です。 



 卓球部の練習場です。
 3月11日、ここで練習していた卓球部員はすぐにグラウンドに集合し、津波が来るという情報が入ったため、裏の高台にある野球部グラウンドに避難。
 その夜は、野球部の室内練習場で一夜を過ごしました。すぐに戻れると思って、携帯電話を持たずジャージ姿で避難したので、家族の安否もわからず、寒く不安な夜だったそうです。
 

 校門の柱です。

 この柱が再び建てられる日まで、応援し続けたいと思います。

 敷地内には、作詞家・故 阿久悠さんの詩「青空と太陽に貸しを残して」を刻んだ碑が建っていました。

 現在、高田高校卓球部の練習は、大船渡東高校の練習場を間借りして行われています。
 午後1時から講習会を開始しました。
 王会元・龍谷大学卓球部監督による講習の様子です。

 ノートをとって、みな真剣そのものです。
 休憩時間にも、「どうしたらカットサーブは切れるようになりますか? インパクトの位置は胸のあたりでいいですか?」と王監督に熱心に質問していました。


 
 と、そこに、突然、余震が。。。ものすごい音がして、練習場が激しく揺れました。
 すぐに、高田高校の伊藤監督が「卓球台の下にもぐって!」と指示。
 少し落ち着いたのを見計らって、全員、屋外に避難します。
 みんな真新しいスマホやケータでイニュースをみます。
 『23日午後1時34分ごろ、岩手県南部で震度5強の揺れを観測した。気象庁によると、震源地は宮城県沖で、震源の深さは約40キロ、マグニチュードは6.5と推定される。』

 「津波の心配はないってさ」。
 でも、とても不安そうな顔をしていました。
 卓球部員のみなさん曰く、「4月の余震以来の大きな地震」だそうです。
  

 どうやらおさまったので、練習を再開します。


龍大卓球部員の松並くんとの練習風景です。


 サーブレシーブ、足運びや体重移動もいい感じになってきました!


 インターハイ出場メンバーだけではなく、1・2年生を含めて、できる限り多くの部員と打つことを心がけました。


 高田高校の伊藤監督に送っていただき、宿泊場所の、三陸海岸碁石温泉「海楽荘」さん(大船渡市末崎町)に到着です。
 今日は新館のほうに泊まります。
 本館は2階まで海水に浸かり、メチャメチャになったそうです。
 新館の温泉は、ボランティアの方々に無料開放されています。
 

 部屋からのぞむ三陸海岸は絶景です !
 「ザブーン」「ドーン」という波の音が部屋中に響きわたります。

 美味しい海の幸を堪能した後、温泉につかりました!!
 湯船で、全国各地からの企業ボランティアの方々とご一緒させていただきました。
 ボランティアでいっぱいの海楽荘さんでした。


【24日】
 翌日は、9時から練習 & 講習会を開始しました。

 サーブレシーブの練習です。
 ナックル、カット、ロングの3種類のサーブレシーブをとゲーム感覚で練習。
 レシーブできないと「おぃ!」、できると「おぉ!」「すげぇ!」と歓声があがります。
 みんな笑顔でした。



 ダブルスの練習風景です。




 松並くんは1年生と練習しています。


 台上の練習。

 試合前は、こういう細かい基本技術の確認がとても大事です。



 時間が経つのがはやくて、記念写真をとるのを忘れてしまいました。

 
 朝練、サーブ・レシーブ練習、筋トレ、走り込み、「カットサーブはどうしたら切れるのか」をじっくり考えること.......等々、3月11日まではできていた「普通のこと」が普通にできるようになることの大切さ。
 このことを、高田高校卓球部のみなさんと練習する中で痛感しました。


 8月10日から始まるインターハイ
 もちろん、高田高校の健闘を祈っていますが、
 それが終わっても、
 「また ここに来たいな」

 「真面目で研究熱心な いいチームだな」と思いました。


 ありがとう 岩手県立高田高校卓球部
 みなさんから、たくさんの元気をいただきました !


  
【番外編】
 伊藤監督の運転で、いわて花巻空港に向かう途中、岩手県立花巻農業高校に立ち寄っていただきました。敷地内に、「賢治先生の家」があります。




 ちなみに、花巻農業高校の選手も個人戦でインターハイに出場されるそうです。



【後日談】
講習会の様子を日本経済新聞7月28日夕刊に掲載していただきました。



 8月10日、北東北インターハイ、卓球男子・学校対抗 1回戦が、青森市のマエダアリーナで行われました。

 高田高校は、三浦学苑(神奈川)と対戦し、残念ながら0-3で惜敗しました。

 観戦には行けませんでしたが、インターハイ公式記録より転載し、記憶に残しておきたいと思います。

 【三浦学苑 vs 高田】

蛯原---村上
10-12
11- 7
11- 7
9-11
11- 7

橘---今野
9-11
11- 8
11- 6
11- 7

蛯原・中村---金野・今野
11- 7
13-11
11- 9

 カウントを見るだけでも、熱闘ぶりがヒシヒシと伝わってきます。

 震災後5か月間にわたる皆さんの健闘をたたえ、エールをおくりたいと思います。

 フレー、フレー 高田!