神戸・長田の商店街で東北物産市を開催します !

 8月3日(水)、2回生のゼミ生たちが、新長田一番街商店街(神戸市長田区)と連携し、“新長田一番街商店街ふれあい夏祭り大縁日”において、『がんばろう!東日本物産市』を開催いたします。
 2回生ゼミでは、4月から、学生が複数名のチームに分かれ、“関西に住む自分たちに何ができるのか”を考え、研究を進めてきました。
 本物産市は、兵庫県出身の2年生4名が「兵庫県民班」を結成し、「被災地から被災地へ、神戸・長田と東北をつなぐ」をコンセプトに企画を立案し、新長田一番街商店街振興組合の方々と話し合いを重ねた結果、実現したものです。
 学生自らが、東北被災地の物産の仕入れから当日の販売まですべてを担い、売上金は、物産の製造・販売元である被災地の企業へ戻されます。
 学生たちは、この企画を通じて“自分たちが東北の経済を動かす力に少しでも貢献したい”“関西にいても、東北の物産を買ってもらうことが被災地の支援につながるということを一人でも多くの方に知ってほしい“と考えています。

【 『がんばろう!東日本物産市』概要 】
◆開催日時:8月3日(水)18:00〜20:30 (雨天決行)

◆会  場:新長田一番街商店街(神戸市長田区大橋町6-1-1)鉄人広場
 (雨の場合は商店街アーケード内で開催)

◆販 売 品:醤油まころん、喜多方ラーメン(3食)、岩手南部せんべい詰め合わせ、岩手盛岡冷麺、くるみたっぷりゆべし、ごまたっぷりゆべし、盛岡せんべいピーナッツ、黒かりん

◆その他の企画:
 当日は、物品販売と併せ、被災地に応援メッセージ入りの横断幕を送るという企画も実施し、後日、被災地へ届ける予定です。



 がんばろう 東北 !
 兵庫県民班の面々です。


 鉄人を支えてみました(笑)。


神戸新聞 7月30日付(神戸版)に掲載していただきました。