「宇治茶の魅力、世界へ発信」検討会議

 京都府農産課のもとに、宇治茶に関するアクションプラン検討会議がもうけられました。
 その名も、「宇治茶の魅力、世界へ発信プラン」検討会議 !
 
 メンバーの一人に入れていただきました。私以外は、かなりの豪華メンバーです!!

 第1回目の検討会議(7月26日)は、「高級リーフ茶の需要拡大」という論点で、京都府茶業連合青年団 団長の安井徳重氏と、(株)福寿園・京都本店地下1階「京の茶蔵」チーフ 伊藤明子氏から話題提供をいただき、議論しました。

 第2回目(8月11日)は、「宇治茶の利用場面の拡大」という論点で、(株)ロマンライフ 広報秘書室長・五十畑哲氏から、また「宇治茶にふさわしいアピール方法」という論点で(株)エーゲル 代表取締役・伊豆田千加氏から話題提供をいただき、議論しました。  

 毎回毎回、宇治茶の本質に迫る鋭い問題提起がなされ、私自身、かなり勉強させていただいております。

 役所の会議にしては珍しく、毎回、本格派の美味しい宇治茶をいただけるのも魅力です!

 次の第3回目は8月24日に開催され、ホテルグランヴィア京都 チーフコンシェルジュ・山本美砂氏から「宇治茶をテーマとした観光ビジネス」について、京料理 木乃婦 3代目・高橋拓児氏から「宇治茶の利用場面の拡大」について、話題提供をいただき、議論いたします。
 その後9月5日に最終回の会議をし、中間案とりまとめとなりますが、実行可能でセンスのよいアクションプランを皆でつくりあげたいと考えています。