「震災支援 京都チャリティ茶会」に参加してきます !

 明日は、「東日本大震災支援 京都チャリティ茶会」に参加してきます。

 以下は、案内文からの抜粋です。

 まもなく3月11日で東日本大震災から一年を迎えようとしております。去年の11月には被災者の方のお話を伺う機会を得ましたが、その際「3月11日は、東の方さ向いて静かに祈る日にして欲しい」とのお言葉が深く印象に残りました。
就きましては、3月11日はみなさまとご一緒に、ここ京都から大震災で犠牲になられた方々へ静かに祈りをささげたいと存じます。あわせて被災地支援のためのチャリティ茶会を開催させていただきます。
                  記
日時 2012年3月11日(日) 4席 (すべて満席。キャンセル待ちのみ)
   第1席10時00分〜 第2席11時30分〜
   第3席13時00分〜 第4席14時30分〜
人数 1〜3席は各15名様。4席のみ20名様まで。すべてお椅子席です。
場所 宇治茶道場匠の館別館
      今回、京都府茶業会議所様の全面的なご協力を得て会場とさせていただきます。
風光明媚宇治川沿いにあって、昭和3年に新築された風格ある建物です。宇治市宇治又振(宇治橋東詰交差点から川沿いを上流へ約200m)
*宇治茶道場匠の館HP http://www.ujicha.or.jp/dojyo/

会費 1席1名様1500円
*今回の収益のすべては、北限の茶気仙茶の産地・陸前高田市の「震災孤児」を支援するために同市へ寄附させていただきます。

内容 大震災で犠牲になられた方への献茶と黙とう 
 伊達浩憲氏(龍谷大学経済学部教授)による被災陸前高田の現状報告
 宮西てるえ氏(ジャズフルートプレイヤー)の演奏
 茶湯(ちゃとう・和菓子付き)
 日本茶ベースのハ―ブティ呈茶
 玉露の淹れ方ミニ講座(日本茶インストラクターによる)


主催 東日本大震災支援京都チャリティ茶会事務局 橋本素子 伊藤明子
協賛 京都府茶業会議所 宇治茶道場匠の館              
協力 奥村茂 河原尚子 宇治茶師かねまた Nextea(ネクスティ) 俵屋吉富






 「現状報告」で使用するグラフ等を以下にアップしておきます。

※「自然増減」という統計用語は不適切だと思っていますが、原資料に従っています。