茶畑活動日誌 (6月8日)

 6月8日、ゼミ生6名(男3名、女3名)で作業を行った。
 朝、木野製茶園に向かうとき、ようやく暑いと思うようになってきた。
 ただ歩いているだけで汗をかくようになり、道中で会った人と
「随分暑くなりましたね」と話をした。
 この暑さは二日前くらいから続いているそうだ。
 作業内容は、碾茶にかぶせたネットを外し専用の器械で巻き取り、機械での摘採。

 まず、碾茶にかぶせたネットを外し、専用の器械で巻き取る作業について。
 最初に、飛ばないように止めてあった洗濯バサミを外していく。
 このとき、外して放っておくのではなく、ネットに止めておく。
 次に、4人で一列のネット巻き取りをする。
 一人は、器械のハンドルをまわし、ネットを巻き取る役、一人はその端にいって微調整をしながらネットを巻き取る役、一人は巻き取る二人の前方で巻きやすいようにネットをズラす役、最後の一人は後方でゴミ取りをする役。
 私は初め、前方で巻きやすいように、ネットをズラす役だった。
 引っ張って隣の茶樹に少しのせ、巻き取りやすいようにする。
 途中、ネットをめくってみた。

 葉の色は濃くなり、濃くなったことにより硬そうに見えるが、柔らかい葉が姿を現した。
 これが被覆栽培の効果である。

 次に、器械のハンドルをまわし、ネットを巻き取る役を担当した。
 これだが、以前、ネットに洗濯バサミをつけ巻き取る作業をしたときよりも難しく感じた。
 狭いところで巻いていくと、巻きやすいように少し持ち上げたりしないといけないので、姿勢の問題でそう感じたのかもしれない。
 だが、サポートしてくれるメンバーがおり、以前にコツも掴んでいたので、結構スムーズに巻き取ることができた。

 午前の前半は、西口さんとゼミ生でネット巻き取りをし、Fさんが機械で摘採していた。
 そして摘採したお茶が軽トラに積めないくらいたくさん溜まったら、西口さんが碾茶工場に運んで行った。
 その後おそらく、碾茶工場で、前回行った茶葉をコンテナに移す作業をしておられたのであろうと思われる。

 次に、機械を使って摘採する作業について。
 機械は、今回、傾斜地対応型摘採機「TMX-3」というものを使って行った。
 最初のうちは、Fさんが乗って摘採しておられたが、途中からゼミ生に任せてくださった。
 初めは、田辺くんが操縦した。
 その間、残りのメンバーはネット巻取りを。
 そして田辺くんが一列摘採し終わると、他のメンバーにも声をかけてくださって、私も乗らせてもらうことができた。

(撮影:宗)
 運転席に座るとドキドキした。
 最初は、Fさんが簡単に操作方法を教えてくれた。
 この機械は、スイッチを入れてレバーを動かすだけで操縦できる。
 思っていたより難しくなかった。
 ただ、狭い道を通って行くので、お茶の樹を傷つけてしまわないよう、慎重に、慎重に操作した。
 乗る前に、田辺くんが、
「レバーのネジの部分が、茶樹と茶樹の間の真ん中くらいに来るように運転するといい」
と言ってくれていたので、それを参考にゆっくり摘採していった。
 一列を摘採し終わると、Fさんにバトンタッチ。
 列の移動は、
「この作業まで上手にやられたら、おっちゃんの仕事がなくなるわ」
と笑いながら言って、Fさんがやってくださった。
 その手つきは本当に慣れたもので、2、3回切り返すだけで、列を移動しておられた。
 田辺くん、私に続き、岡嶋くん、宗さんも順番に乗せていただけた。
 もうそのころには、Fさんも、田辺くんを指導係に。
 Fさんは袋の取り替えをしておられたのだが、途中から私が交代し、ゼミ生だけで操縦し、摘採した。
 ゼミ生だけに、重要な仕事を任せてくださって、体験させてくださって、本当に嬉しかった。

 上の写真が、摘採機の上から見た景色である。
 普段は、自分のおヘソくらいの高さにある茶樹の景色も、緑が広がってきれいなのだが、摘採機の上から見る景色は、すぅっと奥まで見通せて気持ちがよかった。
 茶畑に来るといつも、心を広げられるというか、心が癒される。

 上の写真が、機械を降りてから撮った写真。
 ちなみに、手前が摘採したあとの茶樹で、奥がこれから摘採する茶樹である。

 午前中はカラッと晴れていたのに、昼から天気が崩れたため、本日の作業は昼までとなってしまった。
 これから梅雨入りすれば、このようなことが増えるのかと思うと、少し寂しい。
 前回の時みたいに、中での作業があれば、どんどんお手伝いさせていただきたいと思う。
 また、気のせいかもしれないが、西口さんの笑顔がだんだん柔らかいものになってきたような気がする。
 以前は、少しこわばった感じがあったが、優しく笑いかけてくれるようになった。なんか距離が縮まった気がして、とても嬉しく思う。
 歩いて木野製茶園に着いたとき、西口さんに、
「歩いてきたんか、連絡くれたら迎えに行ったのに。次から連絡してや〜」
と笑顔で言ってくださった。
 Fさんは、今回は初めて一緒に作業をしたのだが、よく冗談混じりで話しかけてくれた。
 いままで先輩たちが築いてきた人とのつながり、これから私たちが出会う人とのつながりを大切にし、後輩に引き継いでいきたいと思う。
(文責:永井)
======


 この日は天気予報があまり良くなかったため、奈良県の茶畑に行く予定をし、近場で作業することとなった。
 6月1日の作業と同じように、碾茶に被覆していたネットを巻き取り、その後はFさんが機械で摘採していく。

 この日の機械は「傾斜地対応型摘採機TMX-3」で、「ななこ」のがっちりした印象に比べ、すっきりしている感じであった。
 高さと幅の調整ができるため、傾斜地にはこの「TMX-3」が向いているとのこと。

 袋の取り付け方を教わった。
 袋の口にはゴム紐が入っており、それを機械にひっかける、という簡単な取り付け方ではあったが、刃がすぐ近くにあるため、
「刃が動いている時は絶対に手を近づけてはいけない」
と教わった。
 そして、交換用の袋を持ち、袋が茶葉でいっぱいになったら交換する補助役として機械の後ろをついて歩いた。
 歩いていると、虫や細かなほこりのようなものが舞ってき、てタオルで口を覆っていないと咳込んでしまう。
 一畝刈り終わると、
 「そこじゃいろいろ飛んでくるから、上に乗って良いよ」
と、機械の上に乗せていただいた。

 機械の上から見た茶畑の景色は、いつもの横から見る景色とは違い、まるで茶畑の真上に乗っているような感じだった。

 足元では、摘採された茶葉が勢いよく袋の中に飛ばされていく。
 足手まといにならないように、Fさんに負けない早さで袋を交換できるよう心がけた。
 刃が茶葉を刈り取る所を間近で見ることが出来て感心していると、Fさんが
「ここおいで。カメラ渡して写真とってもらい」
と運転席を指差した。

(撮影:永井)

 座るだけだと思っていると、操縦方法を教えていただいた。
「やってみるか?」
と聞かれ、操縦させてもった。
 
 上の左上の黒いものがスピードを調節するアクセルのようなもので、まん中の三つの黒いスイッチが刈取エンジンの入切スイッチ。左が左右、真ん中が左、右が右の刃とわかれている。
 赤いレバーで刈り取る高さを調節でき、黒いレバーでとりつけた袋を支える補助版の調整ができる。

 真ん中にあるものがハンドルで、その前にもう一本の鉄の棒があり、それを握りハンドルを前にすることで前進し、後ろにすれば後退する。
 右下にあるボタンは、停止ボタン。
 車のサイドブレーキのようなもので、押すと停止し、右に舞わすと解除できる。
 上中央にあるねじは進路を合わす目安の様なもので、畝同士の間の真ん中に合わせるように進んでいく。

 レバーを回すと刃の高さを微調整することができる。
 細かな高さの変化にも対応して摘採できる。

 写真右の真ん中の赤いレバーで畝に合わせ幅を調整し、左右の黒いレバーで機械の左右それぞれの高さを調節する。
 これにより重心を低くすることができ、傾斜に合わせ安定した操縦ができる。

(撮影:永井)

 操縦しているとコツをつかみ、ゆっくりではあったが、ミスなく摘採できた。
 この歳ながらわくわくして楽しんでいる自分がいた。
 その後、永井→岡嶋→宗の順に操縦を交代した。
 恐れ多くも指導することになった。
 本来は、袋の交換は、操縦者がタイミングよく機械をストップさせて行うが、素人の私達は、後ろの人が操縦者に指示を出し機械を止めるという形をとった。
 最後は、宗が操縦、永井が左袋交換、田辺が右袋交換と全体の指示と、ゼミ生だけで操縦し摘採した。
 滅多にできない作業をゼミ生だけに任せてくれた。
 今まで毎週真剣に作業に取り組んできて良かった、と思った。

 この日は昼から雨が降り出したため、作業は午前中だけであったが、帰りに「また一緒に作業する時があったらお願いね」と言って下さり、とても嬉しかった。
 作業を通して色々な人に出会い、信頼関係を築く事の難しさや大切さを毎回考えさせられ、とても自分の成長につながっている気がした。


 木野さんに前回の疑問点を聞いてみた。
 木野製茶園では、碾茶用には、やぶきた、おくみどり、てんみょう、さみどり、こまかげ、さやまかおり、きょうみどり、昔からの在来種がある。
 「展茗(てんみょう)」は、将来の宇治茶ブランドを支える京都府ならではのオリジナル品種として育成されている品種。
※参考 新品種’鳳春(ほうしゅん)、展茗(てんみょう)’について(京都府茶業研究所のHP)

碾茶の茎はほうじ茶に使われるが、煎茶の茎はほうじ茶に使われないのか」とお聞きしたところ、
「煎茶の茎も使っている」
とのこと。
 木野製茶園では、碾茶の「ホネ(茎、葉脈)」は乾燥させそのまま出荷しているだけで、その先は問屋に任せている。
 煎茶は、茎をつけたまま茶葉を揉み細く撚る。
 「いつ茎だけが残るのですか」
とお聞きすると、
 「新芽を一番茶で摘採した後の残った親葉を二番茶として摘採し、そのままだとお番茶、焙じれば焙じ茶になる」。
とのこと。
(文責:田辺)




 ☆活動9回目☆

 今回の作業は、1日の活動と同様、被覆したネットを剥がして巻きとる作業をした。
 天気予報は雨で、作業が中止になるか心配したが、日差しもあり汗ばむ気温で午前中は無事に作業をすることができた。
 ネットを巻きとる作業は何回もやってきたので、綺麗に巻けるようになった。
 ネットを巻き終わると、Fさんが機械で茶葉を摘採した。

 何度か後ろについて、摘採した茶葉が袋一杯になると、袋を外してくくり、再び袋を取り付ける作業をした。
 一列終わると、トラックにその袋を乗せるのだが、軽々投げているFさんや男性陣に対し、女性陣は思ったより重いその袋に苦戦した。


 その後、摘採機械に乗せてもらえることになり、私達は順番に機械を運転した。
 最初はFさんがついて運転し、最後はゼミ生のみで袋取り外しと運転をした。
 機械を運転している皆の顔を見ていると、緊張しながらもとても嬉しそうなのが伝わってきた。
 私自身も緊張して、ちゃんと運転出来るか心配だったが、前で見守ってくださり、終わった後に、
「綺麗に刈れた」
と言ってもらえたので、とても嬉しかった。

 そして、前回は摘採機「ななこ」を観察できなかったので、今回乗った摘採機械「TMX-3」を観察してみた。

 まず、この3つのスイッチが刃を動かして茶葉を刈り取るためのスイッチ。
 私は一番左のみ使わせてもらった。

 中央にある銀の棒がハンドルで、もう一つ前についている棒を握って前に推すことで機械は前に進む。

 そして、下からスピードを調節するレバー、赤いレバーは刈り取る高さを調節、黒いレバーが茶葉を集めるために取り付けた袋の調節の機能がある。

 この三本のレバーについては、左右の黒いレバーは機械自体の左右の高さを調節し、赤いレバーは茶畑の畝の幅に合わすことができる。

 Fさんは「なんでも触って動かしてみ!」と言ってくださり、皆でどのレバーがどういう動きをするのか体験することができた。
 午後からは雨が降り、作業が出来なくなってしまったが、今回、まさか摘採機を運転することができると思っていなかったので、本当に嬉しかった。

◎感想
 今回の活動は午前中だけであったが、無事作業ができて良かった。
 中でも摘採機に乗れたのは印象深く、お茶初心者の私達にそのような体験をさせてくれたのはとても嬉しかった。
 「なんでも体験してみなわからんやろ!最後は任せるわ」
とFさんは言ってくださり、最後はゼミ生のみで機械を動かし、緊張しながらもとても貴重な体験が出来た。
 私達を信頼して機械を任せてもらえたので、これからもその信頼に答えられるように一生懸命頑張っていきたい。
 また、ホームセンターで自分の茶畑用の帽子を買ったので、次回からは借りずに活用していきたい。

 前回あった質問内容について木野さんに聞いてみたところ、木野さんの碾茶工場には炉が無いそうだ。茎、葉脈は乾燥しているだけで焙じてはいない。あとは問屋次第とのこと。
 また、焙じ茶は、碾茶と煎茶の茎、葉脈を使っていてブレンドせず、分けて使っているそうだ。
 中でも煎茶は、茶摘みで取った一番茶ではなく、残った親葉を番茶として使用。
 この二番茶は、焙じ茶だけでなく番茶にもかつようしているそうだ。
 去年のブログには、炉のようなものが写っていたので、その詳細について、次回、木野さん教えてもらう。
(文責:宗)



 6月8日(金)、木野製茶園の茶畑へ行ってきました。
 午前中は天候が良かったのですが、次第に曇りだし午後からは雨となったので、作業は午前中のみとなりました。
 今回の作業はネットの巻きとり作業、摘まれた茶葉をコンテナに入れていく作業、コンテナに入れられている茶葉を蒸器に投入するために取りだす作業でした。
 巻きとり作業は、前回も行ったのですが、今回はネットが風に飛ばされないように約2mおきに洗濯バサミを残して作業を行いました。

 その日は風があまりなかったので不要では?と思いましたが、その辺りは念を押してということでしょう。


 摘まれた茶葉をコンテナへ


 コンテナに入っている茶葉を取りだす。
 コンテナの横が下から開くようになっているので、そこを開け茶葉を取りだします。非常に量が多いです。


濃い緑色をしています。

 摘まれた茶葉が工場内のコンテナに入りきらず、袋を開けた状態で保管していました。
 摘まれた茶葉を製茶するため夜通しで作業をしているとのことでした。
 というより、そうしないと追いつかないとのこと。
 本当にこの時期は大変なのだと感じました。
(文責:岡本)
======


 6月8日金曜日、今日も先週と同じように、てん茶のネットを剥がして巻き取り、その後ろからFさんが機械で茶を刈り取るという作業だった。
 まず茶の木にネットを留めているピンを外していく。
 すぐに刈り取れない所は少しピンを残し、風でネットが飛ばないようにする。
 刈り取っている木の横は、ネットが巻き込まれないように捲り上げておく必要がある。
 ネットを巻き取り、茶の木に絡んでいるツルやワラビなどを除いてから刈り取っていく。
 今回は、ゼミ生も機械に乗せて頂き、刈り取った茶の葉が入る袋の取り付け方や、操縦の仕方まで教えて頂き、実際に操縦させてもらうことができた。
 交代でそれぞれ何人か操縦し、最後はゼミ生だけで操縦、袋交換までの刈り取り作業を行った。




 今回、わたしは操縦することができなかったが、ゼミ生に任せてもらえる仕事が増えていることは本当に嬉しいことだと思った。
 先輩方から続く、積み上げてきた信頼関係を大切にし、これからも真剣に作業に取り組んでいきたい。
 昼から雨が降り出したため午後の作業はなくなり午前だけであったが、充実した活動となりよかったと思う。
(文責:奥野)



 天気予報は曇りのち雨で、茶畑はどんよりとした雲に覆われていました。
 木野さんの家から軽トラで5分ほどのてん茶畑(品種:おくみどり)で活動を行いました。
 まず初めに、寒冷紗を巻き取る作業をしました。
 僕は刈る前の茶畑のツル取りや寒冷紗の洗濯バサミを外すなど地味な作業中心だったので、巻き取る作業は実は初めてでした。
「少し浮かせながら、テンポよく巻くんだ」
と西口さんに丁寧に教えていただきました。
 三人一組で行うのでタイミングが大切だと実感しました。

 写真で言うと有光君側のほうを担当しました。
 巻いているうちにコツをつかみ、丁寧に早く巻けるように上達することができました。
 もちろんベテランである西口さんのフォローがあってこそですが。
 5棟ほど巻き取った後、僕と岡本君は一度、茶畑を後にして、軽トラで工場に戻りました。
 てん茶工場に行き、先ほど刈った茶葉をコンテナに入れる作業です。
 葉が200kg入るコンテナが下がり、西口さんがコンテナの中に入って、袋に入った葉を詰めていく。
 僕たちは袋の結び目を解き、袋を持ち上げる。
 袋はゴムが施されている側の部分を解く。
 袋の中に葉が残らないよう注意しなければならない。
 なぜなら葉が残ったままだと葉が腐り、次に刈った葉と混ざってしまうからだ。
 軽トラいっぱいあった茶葉の袋は、コンテナ2台分に収まった。
 コンテナには葉が酸化しないようにするため、中に空気を送る機能が付いていた。


 その後、すぐにてん茶の畑に戻り、茶葉を刈り取る機械(傾斜地対応型摘採機TMX-3)の袋を取り付け方を教えてもらいました。
 TMX-3は、前回の報告で書いた「ななこ」よりもすっきりしたスタイルで、動き易そうに思いました。
 機械の銀の取っ手に下から袋の口のゴムの部分を引っ掛け、袋に刈り取った葉が入るように設置します。
 しっかり付けないと葉が漏れてしまう。
 また、刈り取る部分から風が出ていて、慣れないと上手く付けることができず、難しかったです。
「機械の刃が動いているときは危ないから触ってはいけない」
が注意点です。

 刈り取りが後半に差し掛かったときにTMXに乗せていただいた。
 操作方法は田辺君に教えてもらった。
 昔、お爺ちゃんの稲刈りトラクターの運転をさせてもらったことがあって、なんとなくできるかな、と思ったのですが、茶畑の幅に上手いこと合わせていかないと刈り残しをしてしまったり、車体が揺れたりするので、想像以上に操作が難しかったです。
 田辺君は、僕よりはるかに操作が上手で、尊敬しました。
 その後すぐに、宗さんに操縦席を譲り、僕はツル取りに励んだ。
 地味な作業が好きな僕は、こっちのほうが向いてるなと思いました。


 ここで僕は2つ面白いものを見つけました。
 ひとつは、木野製茶園に生息する害虫(天敵かもしれない)の写真をピントが合った状態で撮影することができたこと。
 「ミカンコナジラミ」とは色や見た目が違うので、たぶん違う種類なのかなと思いました。


 二つ目は、葉っぱにできたコブです。

 裏はへこんで白くなっており、膨らんでいる場所は突いても破れなかったです。
 硬い?と感じました。
 このコブは茶畑全体に存在しているわけでもなく、部分的に集中して存在してました。
 今度、詳しく聞いてみます。

 少しのことでも疑問点を持ち、それを解決していくことが楽しいと思えてきました。これからも色々と疑問の目で物事を見て、関心を持って活動に取り組んでいきたいと思います!
(文責;岡嶋)