雪の陸前高田 (1)

 1月25日(金)〜27日(日)、陸前高田へ行ってきました。

 
 ・「北限の茶を守る 気仙茶の会」の集まりに参加すること、
 ・会のメンバーとともに、気仙茶を栽培されてこられた方の聞き書きをすること、また、昨年9月初旬に中切り剪定をした茶樹の生育状況を確認すること、
 ・2月7日〜10日(2泊4日)のゼミ合宿にむけて、高田一中仮設住宅の自治会長さんと事前打ち合わせ、
 ・昨年、仮設店舗で営業を再開した小谷園茶舗さんの様子をこの目で見てくること、
などが主な用事でした。


 まずは、(3)の高田一中仮設住宅の写真からアップします。


 上の写真は、夕方5時ころに撮影したものです。
 「とにかく寒い」の一言です。
 路面も凍結していて、外を歩いておられる方はいませんでした。
 2月になると、もっと寒くなるそうです。

 窓越しに、昨年知り合いになったおばあちゃんと笑顔でご挨拶。
 覚えてくれていて、とてもうれしかったです。

 
 仮設住宅の集会場で、自治会長さんにお話を伺います。


 集会場のドアに貼ってある行事予定表です。


 「ボランティアセンターも閉まって、行事が減ってきたように思うのですが」と会長さんにお聞きすると、

 「神戸大学の学生さんもよく来てくれる。ありがたいです。」との答えがかえってきました。

 
 神戸市民の一人として、胸が熱くなりました。


 「私たちもがんばろう!」と思いました。
 


 2月8日(金)、9日(土)の両日、ここでお茶会等をします。

 「出不精の男性陣を引っ張り出したいのなら、挽きたてのコーヒーを用意するのもよいと思う」
とのアドバイスをいただきました。
 早急に検討いたします!