雪の陸前高田 (3)

 1月26日(土)、鈴木旅館のある矢作町は、朝方、すごい雪でしたが、気仙町、高田町、米崎町まで来ると、雪はほとんどなかったです。

 気仙茶の会のメンバーとともに、昨年9月初旬に剪定をした茶の樹の生育状況を見に行ってきました。

 寒さに負けずに頑張っている茶樹たちを確認。
 ホッとしました。


 茶畑から見える景色です。一本松がなくなりました。小学校の解体も進んでいます。
 

 この茶畑周辺の地域は、土地区画整理事業の対象地域です。
 高台の土地が宅地造成され、その土が巨大なベルトコンベアで市街地に運ばれ、また、近くに三陸縦貫自動車道も建設されるので、数年後には、ここから見える景観は劇的に変貌することでしょう。


 (出所)陸前高田市のHPより転載
 詳細は、陸前高田市復興ニュース陸前高田』第2号の「高田・今泉土地利用計画図(案)」(2012年10月発行)を参照(重たいpdfファイルです)。




 土地区画整理事業の面積は、高田地区235ヘクタール、今泉地区127ヘクタール。合計362ヘクタール。大きすぎる......。
 土地区画整理事業の完了時期は「平成30年(2018年)度」。長すぎる....。


(続く)