陸前高田で合宿をします !

 2月8日(金)、9日(土)、2年生23名+教員1名が、岩手県 陸前高田市でボランティア合宿をします !
 

(クリックして、「オリジナルサイズを表示」させると大きくなります)



 今回は、
 1) 高田一中の仮設住宅の集会場でカフェ開催。バレンタイン特別企画「仮設住宅でできる生チョコづくり」、
 2) 漁港で、エゾイシカゲガイ養殖の作業のお手伝い、
がメインです。
 気仙茶は、現在、冬眠中ですので、今回は作業がありません。


 どちらも2日間つづけておこないます。


 研究室としては、高田一中の仮設住宅の集会場での「お茶っこサロン」は今回で通算4回目、エゾイシカゲガイ養殖のお手伝いは3回目になります。
 もちろん、2年生たちは全員「初・陸前高田」です! 
 そもそも関西人は、「初・東北」の人が多いです。
 ただし、今年の2回生には、1回生の時に、大学ボラセンや学外の団体を通じて、宮城県気仙沼石巻市雄勝南三陸町にボランティアに行った学生が4名もいます!


 集会場を2日間続けてお借りするのは初めての経験ですが、今までとは一味ちがった「お茶っこサロン」のカタチを、住民の皆さんとともに、模索してみたいと思います。
 とくに、仮設住民を「お客さん」にしてしまうのではなく、住民が「参加して、誰かのためにチョコをつくる」「踊りで自分から体を動かす」ことを重視したいと思います。
 2日間のうち1日は土曜日で学校が休みなので、子供たちとの交流も深めたいです。
 また、女性だけでなく、男性も来やすい雰囲気づくりに心がけたいです。
 自己満足にならないよう、「私たちが帰った後のこと」にも注意したいと思います。


 お茶は、小谷園茶舗さんの煎茶、抹茶入り玄米茶です。
 お茶・コーヒーのおともは、昨年5月に仮設店舗で営業を再開された「おかし工房 木村屋」の「夢の樹バウム」です。岩手紫波町産の南部小麦と小岩井農場のバター、三陸産の有精卵を使用。新しい食感のハードタイプのバウムクーヘンです。
 生チョコづくりの材料も、木村屋さんにお世話になります。

 ※木村屋さんの営業再開にかける思いはこちらをご参照ください。最近、バレンタイン限定 「チョコクーヘン」も新発売されましたので、ぜひ一度、ご賞味ください!


 コーヒー豆は、木村屋さんと同じ仮設商店街の「いわ井」さんから調達できることになりました。
 ※いわ井さんの営業再開にかける思いは、こちらをご参照ください。




 2月7日(木)の17時にバスが龍谷大学を出発します。
 8日(金)の朝8時、陸前高田に到着。鈴木旅館にて、岩手県交通バスに乗り換え。
 その後、沿岸部の追悼施設で黙とうをした後、小谷園茶舗に行き、お茶を調達し、福伏漁港へ。
 漁業班を降ろした後、高田一中の仮設団地に向かいます。
 高田一中ちかくの仮設商店街「栃ヶ沢ベース」にて、木村屋から生チョコづくり用食材や「夢の樹バウム」を、いわ井からはコーヒー豆を調達し、仮設住宅の集会場で会場設営。
 午後1時から、仮設住宅集会場で、カフェと「生チョコづくり」を開始。
 15時に終了。
 その後、「ひころいちファーム」の若手農家・村上一憲さんとお会いします。村上さんは、震災後、米粉麺の製造・販売を始められた方です。ゼミとして、何か接点を探しだしたいと思います。

 9日(土)の予定は、前日とほぼ同様ですが、最後に、「うらじゃ音頭」をみんなで踊って、体を動かしたいと思います。
 宿泊は、8日は鈴木旅館陸前高田市矢作町)、9日は東和ボランティアの家(花巻市東和町)です。
 10日(日)の朝、花巻を出発し、夜に京都に戻ります。

 

 
 まだバスの座席が空いております。「行ってみたい」という方は、ぜひご連絡ください。参加者が増えるごとに、学生1人あたりのバス料金も低減しますので、ウエルカムです!
 また、陸前高田の方々に何か届けてほしいものがございましたら、ご連絡ください。仮設の自治会長さんやNPO団体さんと相談の上、検討させていただきます。(このブログ右の「プロフィール」をクリックすると、研究室宛のメルアドがあります)。



 電気・ガス・灯油代を節約している高齢者世帯がたくさんあるようです。
 陸前高田市大船渡市は、高齢者世帯向けに福祉灯油券を配っています。(東海新報1月29日付「寒さ厳しく『節約も限界』」)
 仮設住宅の集会場の窓には、寒さ対策のために"プチプチ"が貼ってありました。



 現在、猛烈な勢いで合宿準備しています!



【番外編】
 陸前高田仮設住宅で美味しいお茶が淹れられるよう、昨日2月2日(土)、ゼミ生6名で、宇治茶会館で開催された宇治茶イベントに参加しました。
 南山城村ブースを手伝いながら、茶農家の木野さんや南山城村役場の橋本さんに、「秘伝」のお茶淹れ法を教えていただきました。



 和束町の茶茶ちゃんデス

 左から、プラムちゃん(城陽市)、いづみ姫(木津川市)、茶ッピー(宇治田原町)、まゆまろ(京都府)

 城陽市のプラムちゃん


 フレンドリーなプラムちゃんです。

 陸前高田では、少し熱めに淹れます。