南山城村 茶畑活動日誌 (6月15日)

 6月15日(土)、ゼミ生5人と高校生のM君と作業に参加しました。

 太陽は出てなかったのですが、蒸し暑かったです。

 黒いネットを巻き取る作業をしました。
 今回初めてハンドルを回す人の横で調整する役をしたのですが、速さに追いつかず、ネットが鉛筆のようにとがってしまったりして、難しかったです。

 私たちが早く巻き取らないと、茶葉を刈る木野さんたちを待たせてしまうので、少しあせりました。
 でも、何回もやっていくと、みんなの息が合ってきて、速くできるようになり、楽しくなってきました。
 木野さんもほめてくださったので、とてもうれしかったです。


 木野さんが乗用型摘採機「ななこ」に乗って作業されていたのですが、途中にある柱をよけたり、私たちに注意してくださったり、とてもかっこよかったです。


 お昼休憩でお弁当をいただいた後、また作業に戻りました。

 30分ほど作業した後、雨が降ってきたので、作業終了。

(文責:森川)




 6月15日(土)、今回はゼミ生5人で木野製茶園を訪れました。
 今回で私は2回目の参加です。

 この日は朝から曇りで最近に比べると涼しく、とても動きやすい天候でした。
 いつもの時間に月ヶ瀬口駅に着き、木野宅で荷物を置いて、茶畑に移動したら、さっそく作業開始です。

 午前中は茶樹に被せてあった黒いネットを約25日ぶりに取り、一番茶を刈る作業をしました。
 留めてあったクリップを取る人と、棒を使ってシートを巻いていく人に分かれて進めていきます。
 クリップを取るとき、
「片側だけではなく、両側のクリップを同時にとっていったほうがはやいよ!」とアドバイスいただきました。
 手作業だからこそ効率よくしていかないといけないんですね。

 そして、木野さんや小川さんは、シートが剥がされた茶樹を刈っていきます。


 乗用型摘採機「ななこ」に乗って。


 七番目に製作されたから「ななこ」だそうです。

 そして「ななこ」が通った後は…


 こんなにキレイに一番茶が刈られていました!!!

 一列100メートル程あるので、途中でお昼休憩をとることになりました。


 わたしたちはお昼ごはんを食べてから眠くなってしまいました。
 木野さんの家はすごく居心地がいいです。

 今日は涼しい日ですが、動いていると1時間くらいで汗びっしょりになりました!

 最近は、雨が降らず休まず作業をしているらしいので、茶の樹のためらも、みなさん今日は雨が降るのを期待していました。

 私は昼から用事があったので、午前の作業で帰らせてもらいましたが、昼の作業に出かける時、ぽたぽたと雨がふりはじめました!!
 恵みの雨ですね!!


 帰りは駅までゆみこさんに送っていただきました。
 ありがとうございました!
 お子さんの塾の話や茶畑の話など、とても楽しかったです!!
(文責:梅木)



 15日(土)、私たち大学生5人と高校生1人で作業をお手伝いしました。
 この日は、全日シート外しをしました。
 午前は、初めての畑だったのですが、午後は以前5月にシートを被せるのをお手伝いした畑のシート外しをしました。
 そこは、「やぶきた」の畑でした。
 ゼミ生も息が合ってきて、巻くスピードが早くなってきたなと思っていたのですが、木野さんたちプロにはまだまだかないませんでした。
 私たちがシートを取り、木野さんが「ガンダム」に乗って新芽を刈っていきました。
 今日お目にかかったガンダムには「ななこ」というシールが貼ってあり、前回見たものとは違いました。
 「ななこ」という名前は、木野さんが付けたのかと思っていたら(笑)、そうではなくて、「ガンダム」を作っている会社(落合刃物工業)が7台目のお茶刈り機ということで命名したそうです。



 お手伝いに行くたびに初めて見る畑があるので、改めて木野さんの茶畑の広さを実感しました。

 この日は、雨が途中から降ってきたので、3時頃には木野さんのお宅に戻りました。

 帰り際に、初回のお手伝いの時に出会った高校生S君が遅れて登場したのですが、作業はもう終わっていたのですることがなく、残念がっていました。
(文責:富田)