気仙茶 復活 ! 大船渡東高生が茶摘み !

 6月21日(金)、陸前高田市米崎町の茶畑で、大船渡東高・農芸科学科3年生の生徒さん達と、茶摘みをしました。
 気仙茶の会、国際ボランティアNGOのNICE、伊達ゼミ(永井・岡嶋)ら約20名が参加しました。

 大船渡東校の生徒さん達は農産物の加工を学んでいて、摘み取った気仙茶でクッキーなどの商品開発にチャレンジするそうです !
 がんばってくださいね !

 

 岡嶋と永井は、女子校生に摘み方を教えるという大役を仰せつかりました。
 皆さん、「茶摘みは初めてです!」とのこと。農芸科学科の先生も「初めてです」とおしゃっておられました。

「どうやって摘んだらいいんですかー?」
「この小さいのが『一芯』?」

 次第に、高校生のマシンガントークにやられ、まんまと高校生たちのペースにハメられてしまいます。
 関西弁を喋っているだけで大笑い。
 楽しい子たちです。
 「お兄さん 何歳?彼女いるの?いないんでしょう〜」
 「お姉さんは?彼氏いるの?」
 若いってすごいですね〜。知らないうちにプライベートな質問が飛び交って、気がついたらタジタジになってしまいました。
 こんなところで年を感じるとは思いませんでした。
 でも、陸前高田に来て年下の子と話すことはほぼなかったので、とても新鮮でした。
 「お茶つながりの後輩」のように接することができて、楽しい時間を過ごせてよかったです。

 楽しそうに喋りながら摘んでいる彼女達に、お茶の樹も喜んでいるように見えました。





 午前中だけで、なんと8キロも採れました。

 参加者全員で記念写真!

 大船渡東校生で記念写真!



「ワタシタチモ シャシン トリマショウ !」
 小野さん、ショーンさん、ピエールさんと記念写真