気仙茶 復活 ! (株)カワサキ機工が苗木2000本を寄贈 !

 静岡県掛川市の製茶機械メーカー、カワサキ機工株式会社は、震災後からずっと気仙茶の支援を続けてくれています。
 6月26日(水)、同社の枝村康生社長をはじめとする「北限の茶を守るカワサキ機工有志の会」は、茶の苗木2000本を「北限の茶を守る気仙茶の会」に寄贈しました。
 陸前高田市米崎町のJAおおふなと東部農業センターで、枝村康生社長が菊池司会長に苗木を引き渡しました。

 生産者やJAおおふなとの皆さんと記念撮影。
 前列右側が枝村社長、左側が菊池会長です。



 生産者向けに、苗木の植え付け方の講習会も開催していただきました。

引き続き、剪定講習会です。




 贈呈式の様子が岩手日報6月27日付に掲載されています。