南山城村 茶畑日誌 5/10

大屋

 5月10日(土)、3回生3名での参加。
 早速、木野さん家で身支度を済ませ、茶畑へ。
 こちらの茶畑は昨年、伊達ゼミの先輩と参加させていただいた時にも来たことがあり、懐かしさを感じながら作業へ取り掛かった。

 今日の作業は、黒い寒冷紗で茶の木を覆う作業。
 一見すると単純作業のように見えるが、足元が不安定なことや腰への負担が大きく、とても大変な作業であった。
 まず、二人一組になって、巻いてあるネットを徐々に広げながら茶葉を覆っていく。

 ネットを伸ばしながら、ただ覆うのではなく、風で飛ばないよう1メートル間隔に、ネットに付いている洗濯バサミで枝に繋いで固定する。


 ペアの柴田君とは相性が悪かったようで、なかなかペースを上げることができず、木野さんから心配されるほど…。

 午前は途中で終了し、午後から続きを行うことになった。

 午後からは、残りのネット掛け作業を行う。
 洗濯バサミを固定する作業でかなり苦戦しつつも、45列以上に及ぶネット掛け作業は終了。

 昨年は、ネットを巻く作業を体験させていただいたが、こちらも想像以上に体力を奪われる作業だった。

 それでも、すべての茶葉にネットを掛けた達成感は、とても大きかった。


 次は、龍谷の茶畑の傍にある茶畑にてネット掛け作業。

 こちらは「おくみどり」という茶の品種で、午前の茶畑と比較すると、少し葉の色が違う。
 さらに、枝の細さにも大きな差があることに気付いた。
 ネット掛け作業も、回数を重ねるごとにペースも上がり、あっという間に終了。

 時間がさらに余ったので、既にネットをかけてあった茶畑の間に肥料を撒く作業。

 後ろに下がりながら、袋口から少しずつ撒いていくことがコツである。

 本日の作業はこれまで。



 今日の大半の作業でお世話になったOさんに月ヶ瀬口駅まで送っていただいた。
 茶農家の後継者不足のことを危惧されていた。
 将来的には作業がどんどん機械化されていくようだが、何とも言えないような気持ちになった。
 後継者問題は、お茶づくりのさらなる発展にとって避けては通れない課題だと思った。


柴田
 5月10日(土)に、南山城村の木野さんの茶畑にお手伝いにいかせていただきました。
 今回は3人で参加させていただきました。

 私は今回初参加させていただいて、実際に茶畑を見て触れることも初めてだったので、とても新鮮で驚かされました。

 私たちが今回お手伝いさせていただいたことは、お茶の葉に黒いネットをかけて光合成を行わせないようにして地面から養分をよく吸収するようにする、という作業をさせていただきました。

 午前9時ごろから作業を始めて、二人一組の計二組で行いましたが、午前だけでも上の写真にもある茶の一列が40列ほどあるなか、半分弱ほどしかできませんでした。


 この作業が意外に難しくて、列と列の間も歩きにくく、上の写真にも写っている赤い洗濯ばさみで、ネットが飛ばされないよう枝に固定しています。


 午後からもこの作業は続いて、1時ごろから再開し、4時ごろに、無事今回の分の作業を終わらせることができました。
 そのネットをかけ終わったとき、非常に達成感がありました。

 茶畑には2か所いかせていただきましたが、龍谷大学の茶畑も発見しました。

 葉っぱ自体は、他のものと比べてても小さくこじんまりとしていましたが、今後に期待したいなと思いました。
 この日、一日、ネットをかぶせる作業で終わってしまいましたが、またお手伝いさせていただいて、お茶についていろんなことを学びたいと思います。