皆様のご支援をお願いします !

 「北限の茶を守る気仙茶の会」が、クラウドファンディング READYFOR (レディフォー)にて、支援を呼びかけています。
 こちらです。

 私たち龍谷大学伊達ゼミナールも、この気仙茶プロジェクトの趣旨に賛同し、微力ながら京都から応援させていただきたいと思います。
 
 以下、READYFORの趣旨説明の文章を抜粋いたします。

          ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 陸前高田大船渡の伝統ある”気仙茶”を後世に守り継ぎたい!
 そのために、手入れができなくなったお茶の木を再生し、これまで受け継がれてきた知識や知恵をまとめた冊子300部を発行します!
 はじめまして、前田千香子です。
 私は、陸前高田大船渡の「気仙茶」が、長年、自家用で、家族のお茶として物語をたくさん紡いできたことに感銘を受け、また、商品としてではない、昔ながらの素朴な味わいに魅かれ、細々ながら10年前から紹介を続けてきました。
 3年前の東日本大震災で大きな被害を受けた陸前高田で、「先人が大切に育ててきた気仙茶は、地域の気位だ」と言う仲間と出会いました。
 そこで、「気仙茶の再生に取り組みたい、気仙茶を通して、被災した方々に憩いや楽しみを持ってもらいたい」という有志とともに “北限の茶を守る気仙茶の会”を立ち上げました。
 しかし、300年以上の伝統ある“気仙茶”は、震災の影響や生産者の高齢化などから激減しています。

 そこで、陸前高田大船渡の伝統と誇り“気仙茶”を絶やさないためにも、みなさまどうかご協力いただけないでしょうか。

・・・・

地域の物語を宿す気仙茶のある景観を守るため、お茶の木の再生を行います!

 高齢化によって、手入れされないお茶の木が増えていましたが、震災後、担い手を失ったり、津波を受けて枯れかけてしまったりと、お茶の木が一層荒れています。
 でも、どんなお茶の木も、ご先祖様が植え、かつて家族が大切にしてきた木。
 長い歴史を持つお茶の木のある景観は、今、地域の人たちみなの心のよりどころになりうるものだと思います。
 気仙のお茶の木がそこここに残る景観を守り、未来につなげるため、お茶の木の手入れ作業を行っていきます。

 技術や文化を絶やさぬよう、地元の伝統と誇り“気仙茶”の先生たち(お年寄り)が元気なうちに、なるべく多くの方々から聞き取りを行う予定です!
 それは、お年寄りを安堵させ、地域の未来の財産にもなります。


 昔のお茶づくりは、同じ域内であっても場所や家によって、“蒸す・茹でる”や“板で揉む・ムシロで揉む”とその方法は様々です。
 そのため、手もみ茶づくりの豊富な経験を持つ80〜90代のお年寄りの方々がお元気なうちに、できるだけ多くの方々から情報を集め、「地元の人々の記憶の中にある地域の歴史」を詳細に聞き取り、記録します。
 また同時に “昔の製茶道具の復元”を行い、お年寄りと若者との手もみ茶づくりの実践講座を繰り返し行います。
 それは、お年寄りにとっての生きがいや安堵となり、若い世代や、まだ生まれてこない未来の人々にも、大切な地域の財産になるものだと思います。
 再生させた茶の木から収穫した気仙茶を仮設住宅などでお年寄りにふるまうと、昔話と笑い声が絶えません。
 地域に根差したお茶文化には、地元の人々の心を癒す力があると思います。

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 いつもMaking of Ryukoku-chaのブログを読んでくださっている全国の茶業関係者の皆様、お茶愛好者の皆様、そして伊達ゼミ卒業生の皆さん、何卒よろしくお願いします。
 SNSでのRTや拡散だけでも大きな意味があります。激励の「いいね」もお願いします !


 気仙茶の会が仮設住宅で行っているお茶会活動の詳細はこちら(気仙茶の会のブログ)を、聞き書き活動はこちら(同上)を参照してください。


 お茶会活動の一部をHPから引用させていただきます。
 「2年前から、気仙茶の会で再生活動をさせていただいている、Kさんの茶の木のこと。
 震災前、お茶の木の手入れをしていらしたKさんのご家族をよくご存じの方がいらして、
 『あのお茶の木も枯れたよね・・・』
とおっしゃったので、新芽が出ていたこと、根は死んでいないこと、再生に取り組んでいることをお話ししましたところ、嬉しい驚きの笑顔を浮かべてくださいました。
 震災前日にもKさんにお会いしていて、その時、
『かつて津波があそこまで来たそうだ』
というような話をしていたのだそうで、それなのに津波の犠牲になってしまった、と本当にお辛いご様子でした。
 茶の木が再生しても、亡くなった方が再生するわけでは無論なく、やはり何もできないのだということも改めて思いました。
 それでもなお、お茶の木が生きていると聞いて、はっ、と喜びの表情を見せてくださった、その笑顔を胸に抱き感謝しながら、お茶の木の再生に向かいたいと思いました。」


 復元する「昔の製茶道具」のイメージや「お年寄りと若者との手もみ茶づくりの実践講座」については、気仙茶の会のブログをご参照ください。

 昨年6月、気仙茶の会が大船渡市綾里で実施した「手もみ製茶講習会」の様子は、フロムいわてさんのYoutubeがとてもキレイで解説もわかりやすいです。



5月25日 気仙茶の会のメンバーによる草取り作業

 陸前高田市小友町
 この茶の樹は、3月11日の津波をかぶってしまい、枯れかけていましたが、2012年から会のメンバーの手で再生活動が続けられています。


 下の写真は米崎町の茶の樹です。

 ここも、震災後、会のメンバーが継続して手入れを行ってきたところです。
 この日は、フランスからアドリャンさんも参加し、大活躍。
 以前、国際NGO・NICEさんのワークキャンプ陸前高田にいらした方です。
 日本語がすごく上手になって戻ってきました! 陸前高田が大好きだそうです!


 米崎町の仮設住宅のすぐ近くですので、仮設のおばあちゃん・おじいちゃんと子供たちとが一緒に茶摘みできるようになったら、とても素晴らしいですね !
(県立高田病院も近いので、万が一なにかあっても安心です。)


 


私たち龍大経済学部伊達ゼミナールも、2012年から気仙茶の会の活動をお手伝いさせていただいております!
 

 2012年9月のゼミ合宿 小友町にて
 

 機械で剪定しています

 樹の根元には、貝殻や食器など、津波の爪痕がまだ残っていました。


 2013年9月のゼミ合宿 小友町

下は米崎町

 茶園に生えている竹を切り出しています。