新茶シーズン到来 ! 茶畑活動日誌 今年も始まります

 2009年5月から始まった「茶畑活動日誌」。今年で7年目になります。

 今年も始めます !


戸上
 4月19日、ゼミ生4人で南山城村にあるお茶の木野園に向かった。
 これから夏にかけて茶畑活動をしていくが、今回は、ご挨拶のため訪問した。
 朝、稲荷駅を出発したころには雨が降っていたが、南山城村に着くころには、止んでいて、すこし心地よい風が吹いていた。
 JR関西本線「月ヶ瀬口」まで木野さんに迎えにきていただいた。
 駅から木野園まではすぐに着いたが、道がとても複雑で、細い道が続く。


 木野園に到着後、まず、お茶をいただいた。
 おちょこのような小さな陶器に、ほんの一口ほどの量。
 とても少量だが、かなりの渋み、濃さを感じた。
 いままでに飲んだことのない味だった。

 着いた時間が、お昼だったのでさっそく、お昼ご飯にカレーライスをごちそうになった。
 大自然の中で食べるカレーライスは格別で、「田舎もいいなあ」と思った。
 カレーをいただいた居間には、トロフィーがたくさん置いてあり、本当にすごい茶園なのだと再認識した。
 少しゆっくりした後、今後の打ち合わせをした。内容は、日程、時間、持ち物など。
 木野さんは、
「お茶に関する質問はなんでもしてこい。ただ、こちらから何か言うわけじゃないから、常に自分で質問をもって臨んでほしい」
とおっしゃっていた。
 その後、木野園の茶畑の航空写真を見せていただき、これからの作業を説明していただいた。
 黒いネットをかぶせていくそうだ。

 2時間ほど滞在して、月ヶ瀬口駅まで送っていただき、帰路についた。

 これからの活動が大変楽しみになった。

 都合を合わせて、できるだけ多く参加したいと思った。


【伊達のコメント】
 木野さんのお茶は、本当に「かなりの渋み」、「濃さ」と表現されるような味なのでしょうか?
 あなたの味覚を信用してよいのでしょうか?
 また、今後は、「今まで飲んだことがない味」についても、きちんと表現できるようにしてください。

今後の予定
4/26(日)・・・・高垣・寺岡
5/ 2(土)・・・高橋・山縣
5/ 4(月)・・・深来・林・梅川・山縣
5/ 5(火)・・・伊達ヨハネス・ゲベイュフ(エチオピア)・セレマン(タンザニア)
5/ 6(水)・・・・寺岡
5/ 9(土)・・・前川・清水・山本・山縣
5/10(日)・・・横田・西川・平井・加藤
5/16(土)・・・前川・脇坂・柳井・高垣
5/17(日)・・・戸上・谷・清水・中村・關
5/23(土)・・・若林・林・藤野
5/24(日)・・・戸上・江崎・横田・寺岡
5/30(土)・・・・中村・山本
5/31(日)・・・江崎・清水・柳井・藤野・山縣
(太字は班長)