茶畑活動日誌 7/12

江崎
 7月12日(日)に学生7人で、木野園へ行きました。
 天気も良く、しっかり茶畑で活動することができました。
 午前中は、寒冷紗を巻くメンバーと寒冷紗のピンを外し、新たに寒冷紗を取り付けるメンバーに分かれて作業を行いました。
 ほとんどのメンバーが経験者であり、どの作業も早く取り組むことができていました。
 巻く作業においては、上の写真にあるように、寒冷紗を引っ張った状態の方が巻き棒を使って巻きやすいです。
 巻く人は、早く巻くことを意識しすぎると、ぐちゃぐちゃになってしまうので、程よい速さを維持できるように意識する必要があります。



 この作業をする前にやらなければいけない、茶の茎に付いている寒冷紗のピンを外す作業を他のメンバーで行いました。
 ピンは約5メートルで等間隔につけてあります。
 寒冷紗に洗濯はさみがくくりつけてあります。


 寒冷紗が張った状態になるように、できる限り茎の下の方にピンを付けるようにします。


 斜面である上に、何度もかがむ必要があるので大変です。
 ピンを外し忘れてしまうと、寒冷紗を巻くときに時間がかかってしまうので、注意を払う必要があります。


 これらの作業が落ち着いたところで休憩を挟みました。
 休憩中は福本さん夫婦と世間話をしました。
 この二人の会話は、おもしろく、良い休憩で、単に作業をするだけではなく、人生の先輩方とのコミュニケーションもこの活動の魅力なのかと思いました。
 なので、作業中も積極的にコミュニケーションを取るようにいています。

 休憩終わりの作業で、福本さんと仲良くなれたということもあり、少しだけ二人の作業を教えてもらいました。
 内容は、茶の葉刈りですが、「ななこ」のような大きな機械ではなく、二人で手に持って、自分たちが移動することで、茶葉が収穫できる機械でした。

 「ななこ」に比べて非常に小さく、横幅は両手を伸ばしたくらいでした。
 重さは、一人でも持つことが可能なものでした。


 最初に、福本さん夫婦にお手本を見せてもらいました。


 実際に教えてもらいながらやり、途中からは自分たちだけでもできるようになりました。
 この作業で難しかったのは、高さの調整や歩く速度、二人の呼吸を合わせることでした。


 この収穫した茶の葉をコンテナに入れる作業を行いました。


 見た目によらず、袋は重く大変です。
 次から次へと袋からコンテナに入れていきました。
 これで午前中は終えました。


 午後からは引き続き寒冷紗を付ける作業を行いました。
 倉庫にある寒冷紗を軽トラック2台に積み、茶畑に移動しました。
 積むという単純な作業ではありますが、体力が必要でした。

 ゴミ(雑草など)を取り除きつつ、寒冷紗を取り付けていきました。

 寒冷紗は非常に大変な作業ですが、その分大切であることを感じることができました。
 その分、達成感の大きい一日でした。

 ちなみに木野さんは、夜勤に備えてお昼頃から休憩していました。
 それを聞き、「繁忙期」という時期の難しさを考えさせられました。
 今日は西口さんと福本さんと多くのコミュニケーションを取ることができ、西口さんは木野さんとは旧友であることがわかりました。
 自分の祖父と同じくらいの年齢で、少し心配になりました。
 どうやって次世代に受け継ぐのだろうか。
 考えさせられました


中村
 今回のお茶畑は久しぶりの天候の良い中での作業でした。
 今回は人数も7人ということで、まずは二つのグループに分かれて作業しました。
 わたしは寒冷紗を巻く作業をしましたが、土に棒状のような新しい道具をさして、寒冷紗の巻く道具とくっつけて作業をしました。
 いつも寒冷紗を巻くときはサポート役でしたが、今回は実際に巻く作業をしてみて、すごく腕の筋肉を使う作業ですごく大変な作業であることを痛感しました。

 休憩後には、「ななこ」の事件が起こってから初めて、お茶を刈る作業を見ました。
 「ななこ」は使わずに手で持つ機械で刈られていて、江崎くんが教えてもらいながら刈っていました。
 エンジンのようなものがあると説明をうけていて、二人の息が合わないととても難しい作業であると、見ていて思いました。

 お昼からは違うお茶畑に寒冷紗をつけにいくために、軽トラック2台分の寒冷紗をみんなで積みました。
 多い回数巻いてある寒冷紗と、少ない回数巻いてある寒冷紗の数のバランスを見ながら、寒冷紗を積む作業をしました。

 お茶畑は、森に囲まれていたところで、黄色く白い点々があるへびを見ました。
 ずっと寒冷紗をつける作業だけでしたが、途中の休憩では、西口さんとたくさんお話することができ、西口さんの下の名前や、西口さんの年齢も教えていただきました。


 わたしにとって(今期)最後の茶畑でしたが、こんなにも貴重な体験ができたことに、木野さんをはじめ木野園のみなさんに感謝しています。
 この貴重なお茶畑体験で学んだことを、これからの人生のどこかで活かしていけたらなと思いました。